logo
株式会社 緑新聞    
  

     拡大写真・目次






〜目次〜
 まえがき
01. 半ちゃん
02. 秋の天城紀行
03. 海外近況便り:オランダの暮れ
 〜ワーゲニンゲン農科大学ウイルス学研究所より〜
04. 農村に春おとずれて
05. イチゴとウイルス
06. 四半世紀
07. 温故知新
08. 薩隈煙艸録の著者「?江 秀」について
09. ウサギの効用
10. ジョクジャカルタの一日
11. 田無寮ことはじめの頃
12. ミンダナオのパイナップル農場を見る
13. 河西醇一君と尾崎喜八
14. 南寮14番の頃
15. インドネシア・バリ島の天日製塩を見る
16. インドネシアにおける農学研究の夜明け
17. バリ島滞在日記(抄)
18. ウイルス発見の物語
19. インドネシアの“たばこ作り”見聞録
20. ニュージーランド小紀行
21. 『万能の薬か高貴な毒か』を読んで
22. バリ島のこの頃
23. 塩の湖、死海に浮かぶ
24. 『アレンツ文庫 世界たばこ文献総覧』とタバコ病害虫文献
 〜山口洋一博士の遺稿による〜
25. 山田寅次郎と水煙管
26. 石原愛也君を悼む
27. 岡田吉美著『タバコモザイクウイルス研究の100年』の紹介
28. この頃気になること
29. 回想:昭和初年頃の東倉内町
30. 「旧オランダ領東インドのタバコ農園で使われた
 代用通貨(トークン)について」を読んで
31. 筆者の主な研究成果について
 あとがき


【著者紹介】

1927年11月、群馬県沼田市生まれ。旧制第一高等学校理科乙類を経て、1952年東京大学農学部農学科を卒業。同年、日本専売公社(現・日本たばこ産業)入社、秦野たばこ試験場に勤務(〜1972年)。その間、1961年から1962年にかけて、オランダ国立ワーゲニンゲン農科大学・ウイルス学研究所に出張、留学。1970年農学博士(東京大学)。その後、中央研究所研究部長、同研究所生物実験センター所長、盛岡たばこ試験場長を歴任。1984年、日本専売公社を退職、東京農業大学教授に就任。日本学術振興会東南アジア農学学術交流(拠点大学プロジェクト東京農大委員)参加、インドネシア担当(1987年〜1993年)、また国際ウイルス分類委員会委員(1987年〜1993年)として、東南アジアの農業技術振興やウイルス学の研究に携わる。1998年東京農業大学を退職。主な受賞歴として、瑞宝小授章(2005年)、日本植物病理学会賞(1975年)、市村賞(1979年)。

戻る

   

(C) 2005 MIDORI Shinbun. All rights Reserved.