logo 株式会社 緑新聞    
更新日 :     

たばこの話

 理解しやすい論調で毎月お届けしてます。
 ほんの少しですが、本文から抜粋してお目にかけましょう。

No.04
2004/01/05


忘れてはならない生命の流れ

 また、新しい年が明けました。毎年のことですが、この時期になると、私の気分は暗くなります。思っている本音がいえなくなるからです。
なにしろ、おめでたい正月には、長寿をよろこび、それを希望する、不老長寿をたたえる大合唱が聞かれるからです。そういうときに、長く生きたからといって、よろこんでばかりはいられないだろう、と水をかけるのはかなりの勇気がいるし、「おめでとう」と口を合わせるしかありません。

 正月だけではなく、近年は昔の権威者のように、不老長寿を誰もが願うようになりました。そうして、平均寿命が少しづつ伸びていることを謳歌して、そのうちに永遠に生きつづけることができるようになるかもしれない、という幻想を持つようになってゆきます。

 夢を持つことにけちをつけるつもりはありません。禁煙をはじめいろいろの健康法が、不老長寿の幻想を支えているとしても、まあいいか、という感じです。 しかし、老いたり死んだり病んだりすることを忘れていることによって、私たちはとり返しのつかないことになりつつあります。
なにしろ、老いたり、病んだり、死んだりするのは生命の流れなのですから、それがあることを忘れていれば、当てはずれの人生を生きなければならなくなります。

※この続きは、とうぞ、当紙でご覧ください。


目次ヘ 次へ

   

(C) 2005 MIDORI Shinbun. All rights Reserved.