logo 株式会社 緑新聞    
更新日 :     

たばこの話

 理解しやすい論調で毎月お届けしてます。
 ほんの少しですが、本文から抜粋してお目にかけましょう。

No.03
2003/12/20


適正喫煙

 このシリーズも長い年月と回数を重ね、その間に、私もいろいろと考えを重ねてきましたので、途中から読まれた読者の中には、全体の続きが見えていない方が少なくないと思います。
 ここで、いちおう簡単に繰り返してみましょう。といっても、いろいろの内容にふれてきましたが、基本的な考え方は、はじめから変化はありませんので、それをできるだけ正しく理解していただきたいものです。

 最も問題になるのは、たばこの有害性についてですが、その内容はとにかく、有害性のないものはこの世にあるはずはなく、たばこも例外ではないだろう、ということです。

 ただ、「百害あって一利なし」というのではなく、これだけ多くの人々が喫煙をつづけているのは、なにか効用があるに違いないのです。
 そこで、効用が最大で害が最小になる摂取法、つまり適正喫煙が問題になります。

※この続きは、とうぞ、当紙でご覧ください。


目次ヘ 次へ

   

(C) 2005 MIDORI Shinbun. All rights Reserved.